石黒猛雄さんのページ


投稿したアイディア (4件)

by 石黒猛雄さん 国連「幸福度ランキング」をGDPに換わる国家指標とする

 
賛2 | 中0 | 反0
2件目 /

日本政府もGDPに換わる指標を考えていますが、国民目線、グローバル目線で考えれば、国連の世界各国の「幸福度」のランキングを国家指標とし、向上を目指すべきです。ランキングを上げるにはオープンガバメント推進が不可欠です。 G7最下位とは、日本国民として恥ずかしいし、大変残念で... >>詳しく

- 2ポイント 2票 0コメント - 2017/03/22 16:03 問題を報告

by 石黒猛雄さん 国家予算対象の「事業仕分け」の復活

 
賛1 | 中0 | 反0
3件目 /

事業仕分けは、シンクタンク構想日本によって地方自治体を対象として、その予算の無駄を明らかにするために現在も行われていますが、国家予算(中央政府)対象の事業仕分けは終了しています。 (以下ウィキペディアより引用) 行政刷新会議が行う事業仕分け(じぎょうしわけ)は、国... >>詳しく

- 1ポイント 1票 1コメント - 2017/03/22 11:14 問題を報告

by 石黒猛雄さん オープンガバメントのあり方 とは?

 
賛2 | 中0 | 反0
4件目 /

今回のデジタルガバメントアイデアボックスでは冒頭に デジタルガバメントアイディアボックス2017とは オープンガバメントのあり方について、国民の皆様と広く議論し、より質の高い電子行政サービスを実現するため、「オープンガバメントアイディアボックス2017」を設置しました。 ... >>詳しく

- 2ポイント 2票 5コメント - 2017/03/16 13:01 問題を報告

by 石黒猛雄さん 政府審議会に国民(一般人)の意見(声)を直接届ける「国民意見を言う部会」を新設する

   
賛2 | 中0 | 反1
5件目 /

審議会を数百回傍聴し、「電子経産省アイデアBOX」「Wisdom of Crowd」等に参加しております。さて、政府「審議会」システムや「パブコメ」「アイデアボックス」には、民主主義システムとして下記問題点があります。 問題点) 「審議会」 ・参加メンバーが、政治家、官僚、議案に関係... >>詳しく

- 1ポイント 3票 12コメント - 2017/03/15 11:56 問題を報告

お気に入りアイディア (0件)

現在、まだお気に入りがありません。

投稿したコメント (18件)

オープンガバメントのあり方 とは?

#004 良い考えですね。審議会の公開状況を比較したり、各県のオープンガバメント状況を比較しやすいようなガバナンス基準を設けたり、オープンデータの公開状況を市民目線で比較したり、活用アプリの見える化サイトを設けたり、RESASと連携して各県の統計データと併せて施策を比較したり、市民活動やイベント情報を公開したり、、、相互共有性・相互参照性のある各都道府県のオープンガバナンスを設定し、共通サイト等で公開するのは市民参加型の地方行政に役立ちます。但し、国家(中央政府)は別問題。国家(中央政府)をオープンガバメント化する方法は別途考える必要があります。

by 石黒猛雄さん - 2017/03/20 18:32 問題を報告

政府審議会に国民(一般人)の意見(声)を直接届ける「国民意見を言う部会」を新設する

#002 内閣府審議会「国民意見を言う部会」は、オープンガバメント系の大学教授、メディア関係者、企業人、学生、一般市民、等が老若男女を問わず幅広く参加します。但し、肩書や立場は一切関係なく、各自が一国民として参加します。アカデミーだから、メディアだから、一般だから、政治家だから、の階層的垣根はありません。政策についての情報・知識共有、情報公開しながら、目的はあくまで、日本全体運営システムがより良く機能するためのPDCAサイクルの構築やその運営に役立つ具体的活動をすることです。特に、日本政府の情報公開を促進し、透明性を確保することで、日本政府の暴走を防ぐ仕組みの構築は、活動の重要な部分となります。

by 石黒猛雄さん - 2017/03/20 16:27 問題を報告

#002 「1-3のブラックボックスを最低悪事ができない程度には透明化する」機能はマスコミの役割と考えがちですが、その位置づけが明確化されておらず、1-3寄りになったり、4.寄りになったりして、機能が不安定です。IT時代の民主主義なのですから「1-3が暴走しない程度に、1-3が決める政策方針や具体策決定とその決定過程を4.一般(国民)が知っていれば良い」だけです。それだけで高確率に1-3の暴走を抑止できます。
今回提案した「政府審議会に国民(一般人)の意見(声)を直接届ける「国民意見を言う部会」を新設する」は、政府内閣府審議会に「国民意見を言う部会」を新設することにより、「1-3のブラックボックスを最低悪事ができない程度には透明化する」ことを主目的にしています。
「1-3と4.一般(国民)の持つ情報量と質に、現在とは比較にならないほどの膨大な情報格差」が生じ「4. 一般(国民)は知らない(判らない)うちに、1-3が暴走して、最悪の場合は、日本が滅びる」のを防ぐために「日本全体の運営システムが暴走しないように国民による抑制機能を設ける」仕組みの審議会への導入は、今、必要なのです。

by 石黒猛雄さん - 2017/03/20 09:09 問題を報告

#002 解決策です。幸いなことに日本全体の運営システムは脆弱性がある部分が明確です。ですからパッチを当てる事が可能であり、かつ効果的であると考えます。一番有効で国民に負担がかからない方法は、「1-3のブラックボックスを最低悪事ができない程度には透明化する」ことです。「すなわち政府の情報公開の義務化徹底」です。最低これだけは早期にやっておかないと、今後、AI/ビッグデータ/IoTスライスネットワーク時代となり、「1-3と4.一般(国民)の持つ情報量と質に、現在とは比較にならないほどの膨大な情報格差」が生じ「4. 一般(国民)は知らない(判らない)うちに、1-3が暴走して、悪事を働いたり、税金を無駄に使ったりして、最悪の場合は、日本が滅びる」確率が非常に高まります。階層型未来予測者として警告せざるを得ません。

by 石黒猛雄さん - 2017/03/20 09:07 問題を報告

#002 リスクが顕在化すると「4. 一般(国民)は知らない(判らない)うちに、1-3が暴走して、悪事を働いたり、税金を無駄に使ったりして、最悪の場合は、日本が滅びます。」
このリスクの怖いところは、1-3が暴走した場合、1-3自身では暴走を止められないことにあります。現象としては、とある大手家電企業の社長や取締役会が悪事を働くと、一般社員の善悪や能力には関係なく会社経営が危機に陥るのと似ています。

by 石黒猛雄さん - 2017/03/20 09:05 問題を報告

#002 調査の結果、日本は国の運営システムの意思決定(政策方針や具体策決定)に4.一般(国民)は、ほとんど参加していません。ほぼ全部1-3だけが決めています。4.一般(国民)が参加しているのは投票だけです。この力はとても強いです。しかし1-3が決める政策方針や具体策決定を4.一般(国民)は知らずに参加していません。そこに日本全体運営システムの致命的脆弱性とそれに伴う大きなリスクが存在します。言い換えると「国が悪い、国民が悪いではなく、日本全体の運営システムは、政策方針や具体策決定を1-3だけが決め、4.一般(国民)がそれを知らず参加いない点に、民主主義の意思決定の仕組みとして致命的脆弱性と大きなリスクを持ちます。」
致命的脆弱性は「1-3と4.一般(国民)の持つ情報量と質に大きな情報格差がある」こと、すなわち「1-3が決める政策方針や具体策決定とその決定過程を4.一般(国民)が知らない」ことにあります。
大きなリスクは「1-3が暴走しても4. 一般(国民)は知らない(判らない)ので、1-3が決める政策方針や具体策決定に対し、4.一般(国民)による抑制機能が働かない」ことにあります

by 石黒猛雄さん - 2017/03/20 09:03 問題を報告

#002 さて、本アイデアの提案目的を説明します。主目的は「日本全体の運営システムが暴走しないように国民による抑制機能を設ける」ことです。
理由を説明します。私は階層型未来予測という調査手法で調査をしております。階層型未来予測は私が考案した調査手法で、日本全体を1つの運営システムと考え、意思決定のプロセス階層を1.国家(政治・官僚) 2.学会・学校(アカデミー) 3.企業・団体 4.一般の階層に分けて、その関係性を分析します。

by 石黒猛雄さん - 2017/03/20 08:57 問題を報告

#004 非公開と公開があります。公開基準等、詳しくはIT室の方にお聞き下さい。

by 石黒猛雄さん - 2017/03/20 08:53 問題を報告

#002ご意見ありがとうございます。
まず、お詫び申し上げます。会議そのものの非公開が増えているかどうかの定量的データは私も持っておりません。政府の一部の審議会を傍聴しているに過ぎず、あくまで私の主観的意見でした。訂正させて頂きます。
これも主観的な話で申し訳ありません。IT戦略本部の審議会については、数年前まで頻繁に傍聴に出向き、時折、遠藤政府CIOに質問をし、ご指導いただいておりました。その後しばらく公開審議会が極端に減り、昨年ぐらいから データ流通環境整備検討会等の公開審議会が増えてきたと感じております。日本は一国民が政府CIOに質問ができる素晴らしきオープンガバメントの国です。特定秘密保護法上の問題はありますが、官民データ活用推進基本法の施行、人工知能の社会実装、将来におけるスライスネットワークの導入等、IT技術が国民一人一人の生活に強く影響する時代です。国民一人一人への、より一層の情報公開を宜しくお願い致します。

by 石黒猛雄さん - 2017/03/17 14:16 問題を報告

オープンガバメントのあり方 とは?

#001 下記でよろしいのでしょうか?
訂正前)
デジタルガバメントアイディアボックス2017とは
オープンガバメントのあり方について、国民の皆様と広く議論し、より質の高い電子行政サービスを実現するため、「オープンガバメントアイディアボックス2017」を設置しました。
訂正後)
デジタルガバメントアイディアボックス2017とは
電子行政のあり方について、国民の皆様と広く議論し、より質の高い電子行政サービスを実現するため、「デジタルガバメントアイディアボックス2017」を設置しました。

by 石黒猛雄さん - 2017/03/16 17:07 問題を報告

アイディアボックスを官民協働プラットフォームの実例に

#003 追記です。ですので例えば、政府コメントとして、「残念ながら、現在日本のオープンガバメントの順位は○○と低迷しております。ですが今後、実績のある本ツールを利活用推進することにより、日本政府はオープンガバメント世界第1位を目指します。」といった政府の強い意思表示が明記されていれば大賛成です。オープンガバメントで重要なのは、まず、意思・マインドですのでご配慮頂ければ幸いです。

by 石黒猛雄さん - 2017/03/16 16:26 問題を報告

オープンガバメントのあり方 とは?

#001 問題あり、で報告させていただいたのですが、間違いを訂正するのであれば、正しく訂正してください。

by 石黒猛雄さん - 2017/03/16 16:14 問題を報告

アイディアボックスを官民協働プラットフォームの実例に

#002 少し説明不足でした。今回使用しているアイデアボックスの仕組みの機能面は素晴らしい仕組みなので他に使って頂くのは大賛成です。ですので「使いたいというところに使ってもらえればと思うんですけどね。 例えば豊島区版があれば、政府向けの意見とは別にあります。」にも大賛成なのです。

しかしながら心配な点があります。例えば本ツールのプロモーションコピーとして「このアイディアボックスはオープンガバメントを支えるツールとして5年以上の運用実績があり」等のコピーが宣伝文句で使われたとします。このコピー自体にも嘘はありません。しかし、このコピーは、このツール自体ではなく、政府全体がオープンガバメントを強く推進している素晴らしい政府であるかのように、政府のオープンガバメントPRにうまく利用される可能性が極めて高いので【警告】の意味で反対しています。「名前を変えて下さい」というのはいわば記事体広告への注意のような意味です。

by 石黒猛雄さん - 2017/03/16 16:07 問題を報告

電子経済産業省アイデアボックス時代から参加している人間として申し上げます。アイディアボックスはツールとしては大変良い仕組みだとは思います。「クラウド上で地方自治体(や独立行政法人や大学や民間団体などに)提供」すれば高い効果を発揮するでしょう。でもそんなシステムなら「日本政府公認のアイデアボックス」の名に値しません。「日本政府のアイデアボックス」は日本政府のオープンガバメント(日本政府の透明性 国民参加 協働)の象徴です。まずそれを成し遂げることが第一です。それも成し遂げられないうちにどさ周りに使うのは反対です。使うなら名前を変えて下さい。

by 石黒猛雄さん - 2017/03/16 11:51 問題を報告

国民の意見を取り入れる

#004 we the peopleは参加者数が一定数以上あり、常設であれば賛成です。「複数のものを組合せるのが望ましい」というのは、例えば私の@00052に組み込んでも十分機能するのでアイデアとしてとてもありがたいです。「複数のものを組合せる」についてmshoujiさんのご提案を頂ければ幸いなのですがいかがでしょうか?

by 石黒猛雄さん - 2017/03/16 11:21 問題を報告

利用者の意見を聞かないことも重要

根拠の合理性を読み解いてほしい。一方で、客観的数値は大事にしたい。
という部分は賛成です。しかし、今回なぜわざわざ
「マイナンバーカードの取得率とか、カード読み取り環境の普及率とか」
を取り上げられたのでしょうか?その理由が全く分かりません。
もし、その数字を取り上げるのなら、国民がマイナンバーカードをなぜ取得しないのか?普及しない利用はなんなのか?利便性は十分なのか?不安は?安全性は?等を分析し、徹底的に意見交換しましょう。というなら判るのですが?

by 石黒猛雄さん - 2017/03/16 11:03 問題を報告

国民の意見を取り入れる

If you gather 100,000 signature in 30 days, we’ll review your petition, make sure it gets in front of the appropriate policy experts, and issue an official response. クラウドファンディングと同様、「あなたの賛同者が多ければ公式に対応しますよ」という試みは面白いと思うのですが、アイデアボックスに+α要素が加わった反面「良いアイデアでも賛同が得られなければだめですよ」と、アイデア段階で否定的要素が入りますので気軽な応募を妨げる要因にもなります。これは全体応募者数が多く賛同者数がある程度あると機能するシステムです。今回の応募数からすると検討に値しません。この仕組みの導入の前にまず「国民の積極的意見参加意識を高める」「そのために政府の透明性を確保する」というオープンガバメント施策が別途必要になります。@00052に関連意見を投稿しておりますので、ぜひ、電子行政分科会さんのご意見を頂ければ幸いです。

by 石黒猛雄さん - 2017/03/16 10:46 問題を報告

政府審議会に国民(一般人)の意見(声)を直接届ける「国民意見を言う部会」を新設する

すいません。最後の1行切れました。
・詳細は内閣府と相談し、基本的な仕組みを決める。(スモールスタートが基本)
です。

by 石黒猛雄さん - 2017/03/15 12:01 問題を報告

高評価コメント(2件)

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

  1. 評価の平均値
    5

    #002 調査の結果、日本は国の運営システムの意思決定(政策方針や具体策決定)に4.一般(国民)は、ほとんど参加していません。ほぼ全部1-3だけが決めています。4.一般(国民)が参加しているのは投票だけです。この力はとても強いです。しかし1-3が決める政策方針や具体策決定を4.一般(国民)は知らずに参加していません。そこに日本全体運営システムの致命的脆弱性とそれに伴う大きなリスクが存在します。言い換えると「国が悪い、国民が悪いではなく、日本全体の運営システムは、政策方針や具体策決定を1-3だけが決め、4.一般(国民)がそれを知らず参加いない点に、民主主義の意思決定の仕組みとして致命的脆弱性と大きなリスクを持ちます。」
    致命的脆弱性は「1-3と4.一般(国民)の持つ情報量と質に大きな情報格差がある」こと、すなわち「1-3が決める政策方針や具体策決定とその決定過程を4.一般(国民)が知らない」ことにあります。
    大きなリスクは「1-3が暴走しても4. 一般(国民)は知らない(判らない)ので、1-3が決める政策方針や具体策決定に対し、4.一般(国民)による抑制機能が働かない」ことにあります


  2. 評価の平均値
    5

    #002 さて、本アイデアの提案目的を説明します。主目的は「日本全体の運営システムが暴走しないように国民による抑制機能を設ける」ことです。
    理由を説明します。私は階層型未来予測という調査手法で調査をしております。階層型未来予測は私が考案した調査手法で、日本全体を1つの運営システムと考え、意思決定のプロセス階層を1.国家(政治・官僚) 2.学会・学校(アカデミー) 3.企業・団体 4.一般の階層に分けて、その関係性を分析します。


 

OpenIDの紐付けしておけば、そのサービス提供会社のアカウント情報でもログインできるようになります。以下のリンクをクリックすると、各社のサイトにジャンプしますので、その画面の指示に従って下さい。