yo-さんのページ


投稿したアイディア (0件)

現在、まだアイディアが投稿されていません。

お気に入りアイディア (0件)

現在、まだお気に入りがありません。

投稿したコメント (13件)

オンライン手続に係る本人確認

現状の、マイナンバーカードの取得率や、読み取り環境の普及率を考えると、マイナンバーカード無しでもできるオンライン手続き(本人確認を含む)を目指した方が、オンライン手続きが普及するように思います。

手続きの発生が事前にわかっているとは限らず、また、何事も事前準備が万端とはいかない人が多くいるであろうと思うと、オンライン手続きの準備をしておけば自宅からオンライン手続きができる、という状態にはなかなかならないのではないでしょうか。
何かの手続きが必要になったとして、そのために役所に行ってマイナンバーカードを取得し、電器屋に行ってカードリーダーを購入するとなるのであれば、役所窓口に行って手続きした方が早いことになります。

by yo-さん - 2017/03/29 22:47 問題を報告

マイナンバーカードをもっと有効活用してほしい

とはいえ、マイナンバーカードの活用でいえば、やはり転入出が一番に来るべきなのでしょうね。
PCやスマホでカードを読み取り、自宅からネットで住所変更・転入出手続きをできるようにする。

まずは現状の行政手続きをどれだけ簡易化できるかであって、全国の図書館で使えるだとか、クレジットカードとして使えるだとか、導入費用に見合う需要があるかも不確かな追加機能なんかはその後の話だと思います。

ネットの手続きもカード無しでもできるようになって欲しいとも思いますが。
金融機関・ISP・携帯電話会社との認証連携を通じて、マイナンバーカード無しで本人確認が行えればと。
行政手続きって、日常的に行うものではないですし、前もって予定されているものばかりでもないので、手続きのためにカードを用意しておくとはなりにくいでしょう。
準備無しで行える行政手続きになってほしい。

by yo-さん - 2017/03/11 05:19 問題を報告

例示の転入出で言えば、マイナンバーカードに関わらず、そもそも転出届自体が不要であるべきと思います。
現に、東日本大震災の際には、転出証明書無しでの転入が可能となっていました。

東北地方太平洋沖地震等に関する住民基本台帳事務の取扱いについて(通知)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyosei02_01000009.html

それが特例止まりになってしまうのは、「転出」という役所の作用について、その役所で手続きが行われなければならない、という役所の「原理主義」に基づくものであって、実務上の問題や、技術的な制約によるものではないと思っています。

住基ネット開始からは随分経ち、今度のマイナンバー制度で更に、役所同士が繋がって相互に情報を送受できるようになりました。
「別の役所で手続きをしても良い」「情報があれば手続きをしなくても良い」という考えが確立し、行政手続きがより簡易になればいいなと思います。
この点で、マイナンバー制度の中では、カードではなく情報連携に期待しています。

by yo-さん - 2017/03/11 04:45 問題を報告

既にあるものを便利に使うのはいいとして、道具を使うことが目的になってはいけない。
道具を使うための道具を作り、そのために費用と労力が積み重なっていく。
マイナンバー関連の「活用策」では、そういう傾向が見られます。

@00013 マイナンバーをもっと活用するべき

by yo-さん - 2017/03/11 04:43 問題を報告

国民の意見を取り入れる

「意見」というと、声の大きな人の主観であったり、無知・誤解に基づくものであったりもして、必ずしも有用でないこともあるでしょう。
単に意見を聞く・聞かないというのではなく、その根拠の合理性を読み解いてほしい。

@00027 利用者の意見を聞かないことも重要

by yo-さん - 2017/03/09 01:22 問題を報告

無謬性の見直しや経済合理性への配慮等の意識改革

ガバナンスじゃないですが、行政手続きでも、無駄に厳格で使いにくくなっているのではないでしょうか。
不正な手続きで生じる損害、不正の露見しやすさ、被害回復の難度、対策に要する費用、対策で失われる利便性、といったものを考量して作られているんでしょうかね。

by yo-さん - 2017/03/09 01:14 問題を報告

マイナンバーをもっと活用するべき

「マイナンバー」というのが、番号なのか、情報連携なのか、カードなのか、わからない。

既にあるものを便利に使うのはいいとして、道具を使うことが目的になってはいけない。
道具を使うための道具を作り、そのために費用と労力が積み重なっていく。
マイナンバー関連の「活用策」では、そういう傾向が見られます。

by yo-さん - 2017/03/09 00:47 問題を報告

利用者の意見を聞かないことも重要

「意見」というと、声の大きな人の主観であったり、無知・誤解に基づくものであったりもして、必ずしも有用でないこともあるでしょう。
単に意見を聞く・聞かないというのではなく、その根拠の合理性を読み解いてほしい。

一方で、客観的数値は大事にしたい。
マイナンバーカードの取得率とか、カード読み取り環境の普及率とか。

by yo-さん - 2017/03/09 00:33 問題を報告

紙前提の制度は全廃する

現状は、紙と電子で二重に管理の手間がかかっている部分もあるのではないでしょうか。
電子化による利点だけでなく、一本化による利点も狙いたい。
特に、法人が主で、相当の量がある手続きは、電子に一本化しやすいのではないでしょうか。

by yo-さん - 2017/03/09 00:13 問題を報告

自分のデータは自分で保有する

カルテの例でいえば、何らかの取引・契約上で提供が強要されたり、提供しないことで不利益を受けたりすることがないようにする必要はあるでしょう。

by yo-さん - 2017/03/08 23:59 問題を報告

紙の住民票をなくせないか

住民票の要求が法令上のものである場合、そもそも住民票に基づいた本人確認をする必要性があるのかという点から見直すべき。

by yo-さん - 2017/03/08 23:49 問題を報告

窓口サービスを全てAPIにする

極端な言いぶりは言葉のあやだとして。

「社会の変化に対してプログラミングで簡単に対応できる」とは思いません。
役所が社会の変化に対応できていない点があるとするなら、その原因は、法令改正の負担であったり、トップの意思決定であったり、変化が好意的に評価されない組織構造であったりするように思います。
仮に、この原因が解決されているという前提を置くのであれば、プログラミングよりも、人間の方が迅速で柔軟な対応ができるのではないでしょうか。

なお、文字通り「全てAPIに」したら、かつての使われない電子手続きの問題と同じことになるでしょう。

by yo-さん - 2017/03/08 23:33 問題を報告

民間サービスとの連携・活用

趣旨はわかりますが、具体例が思いつきません。
民間の手続きと共通性・関連性が高い行政の手続きで、民間側で行うと便利なもの。

なんらかの購入費の公的補助だと、購入後に領収書を添付して補助を申請する形式になるであろうところ、これが購入と同時に、店舗で特段の手間なくできれば利便性は高いと思いますが、そういうことではなさそう。

by yo-さん - 2017/03/08 23:09 問題を報告

投票履歴 (33件)

賛成 積算業務における費用対効果について 2017/03/29 22:29
賛成 真のワンストップワンスオンリー 2017/03/29 22:23
賛成 公務員のテレワークの強力な推進 2017/03/29 22:22
賛成 転出届の撤廃は可能か 2017/03/29 22:18
賛成 氏名フリガナ、ローマ字のマイナンバーカードへの実装時期を早く公開するべき 2017/03/29 22:17
賛成 code.go.jpの創設 2017/03/29 22:16
賛成 日本の会場国境線、排他的経済水域のベクトル形式データ公開 2017/03/29 22:16
賛成 社会全体で押印と添付の見直しキャンペーン 2017/03/14 15:34
賛成 不動産登記、建物表題登記の際にGIS(ポリゴン)情報の届け出を行うようにする 2017/03/14 15:34
賛成 占用申請について 2017/03/14 15:33
賛成 全国統一の住所マスタの整備・公開を 2017/03/14 15:33
賛成 電子政府サービス改革体制の強化 2017/03/11 05:23
賛成 停留所台帳をGISで使える緯度経度で作成、提出する 2017/03/11 05:20
賛成 アイディアボックスを官民協働プラットフォームの実例に 2017/03/11 03:40
賛成 人口減少社会を想定した働き方改革 2017/03/09 01:26
賛成 中小規模自治体に注目したデジタル化の推進 2017/03/09 01:25
賛成 自治体規模に応じた電子行政の推進 2017/03/09 01:23
賛成 無謬性の見直しや経済合理性への配慮等の意識改革 2017/03/09 00:58
賛成 府省の壁を超えるための役割分担、評価、サービスID 2017/03/09 00:57
賛成 自治体でのCIO補佐官の活用 2017/03/09 00:55
賛成 失敗したシステム開発の検証 2017/03/09 00:54
賛成 マーケティング手法を導入するべきではないのか 2017/03/09 00:54
賛成 IT予算管理の仕組み 2017/03/09 00:50
賛成 同じ情報を何度も入力させない 2017/03/09 00:37
賛成 政府がプラットフォームを提供する 2017/03/09 00:37
賛成 申請主義から自動判断へ 2017/03/09 00:35
賛成 全部自分で処理できるサービスを目指す 2017/03/09 00:35
賛成 紙前提の制度は全廃する 2017/03/09 00:00
賛成 自分のデータは自分で保有する 2017/03/09 00:00
賛成 紙の住民票をなくせないか 2017/03/08 23:42
賛成 スマートフォン等への対応を推進 2017/03/08 23:41
賛成 行政は自前主義から脱却するべき 2017/03/08 23:36
賛成 民間サービスとの連携・活用 2017/03/08 23:09

高評価コメント(4件)

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

  1. 評価の平均値
    5
    コメント日時
    2017/03/11 04:43
    コメントしたアイディア
    マイナンバーカードをもっと有効活用してほしい

    既にあるものを便利に使うのはいいとして、道具を使うことが目的になってはいけない。
    道具を使うための道具を作り、そのために費用と労力が積み重なっていく。
    マイナンバー関連の「活用策」では、そういう傾向が見られます。

    @00013 マイナンバーをもっと活用するべき


  2. 評価の平均値
    4.7
    コメント日時
    2017/03/09 00:33
    コメントしたアイディア
    利用者の意見を聞かないことも重要

    「意見」というと、声の大きな人の主観であったり、無知・誤解に基づくものであったりもして、必ずしも有用でないこともあるでしょう。
    単に意見を聞く・聞かないというのではなく、その根拠の合理性を読み解いてほしい。

    一方で、客観的数値は大事にしたい。
    マイナンバーカードの取得率とか、カード読み取り環境の普及率とか。


  3. 評価の平均値
    4.5
    コメント日時
    2017/03/09 00:13
    コメントしたアイディア
    紙前提の制度は全廃する

    現状は、紙と電子で二重に管理の手間がかかっている部分もあるのではないでしょうか。
    電子化による利点だけでなく、一本化による利点も狙いたい。
    特に、法人が主で、相当の量がある手続きは、電子に一本化しやすいのではないでしょうか。


  4. 評価の平均値
    5
    コメント日時
    2017/03/08 23:59
    コメントしたアイディア
    自分のデータは自分で保有する

    カルテの例でいえば、何らかの取引・契約上で提供が強要されたり、提供しないことで不利益を受けたりすることがないようにする必要はあるでしょう。


 

OpenIDの紐付けしておけば、そのサービス提供会社のアカウント情報でもログインできるようになります。以下のリンクをクリックすると、各社のサイトにジャンプしますので、その画面の指示に従って下さい。