新着RSS (総合)検索結果

CSVダウンロード

| はてブ

 
アイディア表示件数


by Nowkyさん 戦略的サービス事例の選定

 
賛2 | 中0 | 反0
1件目 / 8

まず、用語の使い方ですが、「利用者中心の行政サービス」という表現は、違和感があります。利用者中心は、アプローチのことであり、サービスを修飾するのであれば、「体験価値が高い」とか、「利用時品質が高い」と言った方が適切と思います。また、バックヤードのシステム開発も「利用... >>詳しく

- 2ポイント 2票 0コメント - 2017/03/31 00:21 問題を報告

by OITAkiさん 外字問題の根本対策を

 
賛3 | 中0 | 反0
2件目 / 8

これまでも課題・問題として常にあがっていた外字の問題を何とか解決していただきたい。 ワードプロセッサー、パーソナルコンピュータ、スマートフォンとサービスの利用が電子化する中で、外字だけはかつて手書きで登録したもの(もしかしたら書き間違えかもしれない情報)を電子化し、... >>詳しく

- 3ポイント 3票 2コメント - 2017/03/30 10:53 問題を報告

by 長谷川敦士さん プロトタイピング志向の進め方

 
賛2 | 中0 | 反0
3件目 / 8

新しいサービスは、実際に適用可能かどうか、どういった影響を及ぼすのかの見積が難しい。 デンマークMindLab、UK PolicyLabのような、コストをかけずに試作を小規模に試してみるアプローチを標準的にすることで、行政サービスの品質向上につながる。 >>詳しく

- 2ポイント 2票 1コメント - 2017/03/30 09:54 問題を報告

by 石黒猛雄さん 国家予算対象の「事業仕分け」の復活

 
賛1 | 中0 | 反0
4件目 / 8

事業仕分けは、シンクタンク構想日本によって地方自治体を対象として、その予算の無駄を明らかにするために現在も行われていますが、国家予算(中央政府)対象の事業仕分けは終了しています。 (以下ウィキペディアより引用) 行政刷新会議が行う事業仕分け(じぎょうしわけ)は、国... >>詳しく

- 1ポイント 1票 1コメント - 2017/03/22 11:14 問題を報告

by もじもじさん 氏名フリガナ、ローマ字のマイナンバーカードへの実装時期を早く公開するべき

 
賛7 | 中0 | 反0
5件目 / 8

マイナンバーカードは今後多くの場面で使われるので、フリガナとローマ字を入れるべきですが、今回発表されたロードマップではフリガナ等が必要なサービスは増えているのに、フリガナ等の実装時期が明示されていません。 カードが普及しても読みからがわからないと現場が混乱しますし、... >>詳しく

- 7ポイント 7票 2コメント - 2017/03/18 11:13 問題を報告

by kaorumoriさん code.go.jpの創設

 
賛11 | 中0 | 反0
6件目 / 8

アメリカでは政府が開発したソフトウェアをオープンソースとして公開するCode.govがあります。 Code.govはオバマ政権時の以下の方針に沿ったものです。 政府全体のオープンソース化をねらうホワイトハウス(大統領府)が、ソースコード公開のための一般ポリシーを提案 (TechCrunch) ht... >>詳しく

- 11ポイント 11票 3コメント - 2017/03/18 09:36 問題を報告

by tigersun2000さん 全国統一の住所マスタの整備・公開を

   
賛18 | 中1 | 反0
7件目 / 8

住所に係る業務は民間企業でもかなり幅広く、 届け出を元に個人・法人など場所を特定する用途に幅広く使われていますが、 統一的なマスタが整備されていないように思います。 例えば個別の省庁が公開している住所情報には以下のようなものがあります。  ①市区町村合併情報(総務省)... >>詳しく

- 18ポイント 19票 16コメント - 2017/03/12 11:42 問題を報告

by mshoujiさん アイディアボックスを官民協働プラットフォームの実例に

   
賛13 | 中0 | 反1
8件目 / 8

アイディアボックスを官民協働プラットフォームの実験事例にできないか、という提案です。 このアイディアボックスはオープンガバメントを支えるツールとして5年以上の運用実績があり、機能的にはいいツールです。しかし使われるのは年1〜2回でしょうか。それではもったいないのではな... >>詳しく

- 12ポイント 14票 6コメント - 2017/03/09 08:48 問題を報告

1ページ目を表示中
1
 
 
 
 
フォローして下さい