ITパスポート試験の国家資格化@00079


コメント数
0
評価P
0

第4次産業革命 人材育成推進会議の経済産業省が提出した資料によれば、産業構造の転換期である。
日本は今、痛みを伴う転換をするか、安定したジリ貧を取るかの「分かれ目」に差し掛かっている。
日本は来るべき2020年に向けて「世界最先端IT国家創造宣言」を施策に掲げ、成長戦略の柱として世界最高水準のIT利活用社会を目指すとある。
不足しているIT人材育成に関しては「創造的IT人材育成方針」の中で国民一人ひとりのITリテラシーの底上げはもとより、ITを業務やビジネスに活かす側の社会人に対して「ITパスポート試験」の活用促進が明記されている。
第4次産業革命の下では、全ての社会人にITリテラシーの標準装備が求められる。
プログラミング教育が必修科目となるならば「ITパスポート試験」の出題において、アルゴリズムは情報セキュリティ分野と並んで重要視すべきと考える。
社会人のリカレント教育が取り組まれているが、ITリテラシーの標準装備は今後必要不可欠であるが、現行の対策は不十分。
「ITパスポート試験」をITを利活用して職務に携わる上での「パスポート」として国家資格にすることでITリテラシーを標準装備させることができるのではないか。

このアイディアにコメント

あなたの立場を選んで下さい
0票賛成する 1票中立 0票反対する

投票は締め切られました

100%
投票総数: 1
 
コメント表示件数
1ページ目を表示中

このアイディアに対するコメント(0)

現在、まだコメントが投稿されていません。

1ページ目を表示中


投票したユーザ