OITAkiさん

外字問題の根本対策を@00068


コメント数
2
評価P
3

これまでも課題・問題として常にあがっていた外字の問題を何とか解決していただきたい。
ワードプロセッサー、パーソナルコンピュータ、スマートフォンとサービスの利用が電子化する中で、外字だけはかつて手書きで登録したもの(もしかしたら書き間違えかもしれない情報)を電子化し、管理してきている。
ここには行政においても、民間においても多くの無駄な作業が発生しているはずである。
この問題は一般市民や地方行政からの解決は困難であり、是が非でも国の主導で実施していただきたい。

具体的には、人名には常用漢字のみとし異体字を廃止するなど、実施するには反発は大きいと思うがどこかで決断する必要があるのではないでしょうか。

このアイディアにコメント

あなたの立場を選んで下さい
3票賛成する 0票中立 0票反対する

投票は締め切られました

100%
投票総数: 3
 
コメント表示件数
1ページ目を表示中
1

このアイディアに対するコメント(2)

平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

実務上、外字はかなりのネックなのです。
戸籍はある程度仕方ないのかと思いますが、ここは中途半端に外字を残すより
一気に正字化すべきだと思います。
実際、各種申し込みなどに氏名を記載する場合、本当は外字だが正字で記載されている方がおおいです。いわゆるデザイン差の場合も多いと思います。
また、銀行やクレジットでは正字なのに、住民票が外字というのもおかしいと思います。
字体の管理コストは馬鹿にならないものがありますし、システム入れ替えの時の字の同定作業も
かなりの時間、人、コストをかけて行っているのが実態です。

by nnoriさん (賛成)
2017/03/30 22:55投稿
平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

こういう事業があります。

文字情報基盤整備事業 | IPA
http://mojikiban.ipa.go.jp/

その成果として法人番号公表サイトでは縮退マップが使われています。
ただ、なぜか外字も残ってます。文化は戸籍だけにして、住民票など実務領域は正字だけにすべきだと思います。

JIS縮退マップとは
http://www.houjin-bangou.nta.go.jp/download/

by tigersun2000さん (賛成)
2017/03/31 00:52投稿
1ページ目を表示中
1


投票したユーザ