ガイドライン等の利用状況のフォローアップ@00010


コメント数
2
評価P
4

(第18回電子行政分科会2016-10-27 委員意見) ガイドラインが整備されてきたが、そのガイドラインがつかわれているのか運用状況の確認が必要ではないか。また、政府のシステムデータを管理する政府情報システム管理データベースへの入力状況に関する検証も必要ではないか。これまで作ってきたものをPDCAを回して使っていく取り組みも必要ではないか。

このアイディアにコメント

あなたの立場を選んで下さい
4票賛成する 1票中立 0票反対する

投票は締め切られました

80% 20%
投票総数: 5
 
コメント表示件数
1ページ目を表示中
1

このアイディアに対するコメント(2)

平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

ガイドラインにしてもシステムにしても実際に運用してみて問題があれば改善すべきです。そのためには運用状況の確認が必要です。以前のガイドラインの時も問題がたまって爆発したのではないのでしょうか。問題は小さいうちに解消すべきで、事件が起こるまで待っている必要はありません。

by route55さん (賛成)
2017/03/20 21:38投稿
平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

ガイドラインが合致するかは、仕様をレビューしてもらうか、ガイドラインのチェックシステムを作って、開発した人が自分で確認できる仕組みが必要です。文章や人だと解釈が入りますが、システムには解釈の余地はありません。基本的にはシステムにチェックさせるべきだと思います。

by tigersun2000さん (賛成)
2017/03/31 02:16投稿
1ページ目を表示中
1


投票したユーザ