モジュール方式の調達方式の検討@00004


コメント数
1
評価P
2

(第17回電子行政分科会2016-6-15 委員意見) 調達方式に関して各国で共通しているのは、モジュールを必要に応じて随時変更していくような方式である。ウォーターフォールで5年毎に一括調達する日本式ではなく、イノベーティブに柔軟にモジュールを変えていき、これにより最先端のIT国家につなげている。

このアイディアにコメント

あなたの立場を選んで下さい
2票賛成する 0票中立 0票反対する

投票は締め切られました

100%
投票総数: 2
 
コメント表示件数
1ページ目を表示中
1

このアイディアに対するコメント(1)

平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

大規模にAPI化を行いAPI連携によって、仕組みを作っていくような、
マイクロサービスアーキテクチャを検討し、システムの部分利用を可能にし、
別プロジェクトで作成された機能の再利用が行えるようにすべき。

by tigersun2000さん (賛成)
2017/03/31 02:22投稿
1ページ目を表示中
1


投票したユーザ