政府がプラットフォームを提供する@00002


コメント数
11
評価P
7

(第17回電子行政分科会2016-6-15 委員意見)
政府が自治体も使えるプラットフォームを提供し、モジュールのように使えるようにすればよいのではないか。

このアイディアにコメント

あなたの立場を選んで下さい
7票賛成する 0票中立 0票反対する

投票は締め切られました

100%
投票総数: 7
 
コメント表示件数
1ページ目を表示中
1 |  2

このアイディアに対するコメント(11)

平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

(第18回電子行政分科会2016-10-27 委員意見)
ソフトウェア的な情報アーキテクチャという意味でのプラットフォームを作っていくことを認識していく必要がある。

by 電子行政分科会さん (賛成)
2017/03/08 10:38投稿
平均評価:4 / 5 総投票数:1 (評価済み)

(第18回電子行政分科会2016-10-27 委員意見)
政府が地方公共団体の機能を提供するクラウドサービスを提供すればよく、自治体がバラバラに作るのは非効率ではないか。

by 電子行政分科会さん (賛成)
2017/03/08 11:05投稿
平均評価:4 / 5 総投票数:1 (評価済み)

(第18回電子行政分科会2016-10-27 委員意見)
自治体がシステムを持つのではなく、国が提供するサービスを利用するという考え方に対するハードルは下がってきているのではないか。

by 電子行政分科会さん (賛成)
2017/03/08 11:52投稿
平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

(第18回電子行政分科会2016-10-27 委員意見)
基本的な業務の流れやデータ構造までは国がしっかり考え、地方自治体は、その上で地域の特色を上乗せしたければ上乗せすればよい。このようなシステム構成にしてほしい。さらに、利用者が、違うサービスを使っていても同じシステムを使っているようなイメージを感じるUIにする配慮も必要ではないか。

by 電子行政分科会さん (賛成)
2017/03/08 11:59投稿
平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

(第18回電子行政分科会2016-10-27 委員意見)
オープンシステムにするとかクラウドシステムにするとかする前に、囲い込みにならないように、連携するという哲学をきちんと言っていく必要がある。

by 電子行政分科会さん (賛成)
2017/03/08 12:11投稿
平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

(第18回電子行政分科会2016-10-27 委員意見)
国が作った共同サービスは使いにくいものが多い。民間システムの有効活用でもよい。ただし、乗り換えられないようにデータが標準化されていないものはだめである。

by 電子行政分科会さん (賛成)
2017/03/08 13:22投稿
平均評価:5 / 5 総投票数:1 (評価済み)

(第18回電子行政分科会2016-10-27 委員意見)
自治体が作った優秀なシステムを国が買い上げて、国がクラウドサービスとして自治体に展開する方法も考えられる。

by 電子行政分科会さん (賛成)
2017/03/08 13:29投稿
平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

(第18回電子行政分科会2016-10-27 委員意見)
優秀なアプリをDVDに入れて配る方式もあるが、ITの担当者が選任ではないような小さな自治体では対応できない。クラウドサービスで提供すれば、だれでも利用できる。

by 電子行政分科会さん (賛成)
2017/03/08 13:32投稿
平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

(第21回電子行政分科会2017-1-31 委員意見)
開発環境としてのプラットフォームも重要であり、SDKを作ったりライブラリやテスト環境やコミュニティを提供していくことが必要ではないか。

by 電子行政分科会さん (賛成)
2017/03/08 20:10投稿
平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

賛成です。この考え方に沿って、ひとつアイディアを投稿しました。
https://ideabox2017.openlabs.go.jp/ja/idea/00038/

by mshoujiさん (賛成)
2017/03/09 09:23投稿
1ページ目を表示中
1 |  2


投票したユーザ